お金を借りる(カードローンキャッシング)時の借り入れの限度額について

 

お金を借りる(カードローンキャッシング)時の借り入れの限度額について気になっている方も多数だと思います。カードローンの借入限度額というのは、キャッシングにおけるカード利用者が実際の目安としての返済能力を示す上限金額ということになっています。自分は返せるよ!という自信がある方でも、この上限金額以上にお金を借りる頃はまず不可能です。これは2010年6月18日付けでの貸金業法が施行されましたが、その際に新たに制定された総量規制によりそれぞれの借入限度額が具体的になりました。

 

具体的に言うと、年収の3分の1以上のお金の借り入れ(借金)が禁止されることになりました!

 

とは言っても、実際には総量規制には除外項目と例外項目が付いています。自動車を買うためのカーローンや家やマンションを購入するための不動産ローンなどは、総量規制から除外されますし、借り替えや繋ぎ資金などについても例外となっています。また銀行カードローンはこの中の除外項目に該当するため、実際には年収の3分の1を越える借入も可能となっているのが現状です。そのためカードローンキャッシングの借入限度額は、個人信用情報機関などの情報を参考に決められています。

 

はじめてのお金の借り入れ(カードローンキャッシング)の場合、1社あたり30万円以内の限度額に設定されるのが現状として成り立っています。

 

借入限度額を決める基本的な項目は、年齢、収入、過去および現在の借入状況、勤務先、勤務年数、居住形態、居住年数、家族構成といった様々な要素が絡んできます。もちろん絶対とは言えないですが、初めてのカードローンキャッシングは仕事勤めの方ならまず問題なく借り入れできると考えられますし、カードローンキャッシングの借り入れ状況が総量規制内であり、現在の勤務先において継続していて安定した収入がある場合には、カードローンキャッシングの借入限度額は高くなります。

 

こういったお金の借り入れの上限金額は、社会的信用度が高ければ高いほど上がっていき、その場合は借金の返済能力が高い人物と金融機関では考えられています。これはつまり、初回の限度額こそ低くなりますが、時間をかけて返済実績を積むと限度額も上がっていくということに他なりません。事故を起こさない様に良好なクレジットヒストリーを作るということが、記入機関の信用を高める最大の手段であることが現実なのです。このことを常に忘れない様にカードローンキャッシングとうまく付き合っていきましょう!